浮気で請求する慰謝料の妥当な金額はいくら?

浮気の慰謝料を請求する

夫婦で浮気をされたら、その償いのため、多額の慰謝料を請求してやりたいという気持ちになるのは当然だと思います。

しかし、慰謝料の請求には、いくつかルールがあり、請求する金額がいくらぐらいになるのか、離婚をする人にとって気になるところだと思います。

まず、ここで慰謝料の請求する金額を説明する前に、慰謝料を請求することができる条件について簡単に説明します。

慰謝料を請求する条件は、1.離婚をする原因が相手にあること。2.離婚が認められる条件に合致していること、という2つの条件があります。

ここでの説明は、相手に浮気をされた場合に離婚をしたとき、慰謝料をいくらぐらいの金額を請求するのかで、話を進めるので、離婚の原因を作ったのが相手であり、離婚理由として相手の不貞行為があげられるので、慰謝料を請求するのは、正当な権利となります。

それでは、実際どれだけの慰謝料を請求することができるのか解説します。

まず、慰謝料を支払う相手の収入や貯金などの事情は省いて、これまで離婚をしてきた人がどれぐらい慰謝料を請求してきたのか調べてみたところ、多い人で300万円。少ない人で50万円といった慰謝料の金額がわかりました。

この慰謝料の金額を聞いて、金額差に驚いた方もいるのではないでしょうか。

慰謝料の金額設定では、相手の年齢や収入、就いている職業、借金、資産などで金額が決められます。
そのため、単純にお金がある人からは多くの慰謝料を請求することができるが、お金がない人からは慰謝料を望むほど多くは請求できないようになっています。

ただし、離婚理由で相手側からひどい暴力を受けていたり、精神的苦痛からノイローゼや鬱状態になってしまったりなど、離婚時のあなたの状況によって、請求する金額は増減されます。

以上の点を注意して、慰謝料の請求金額をもう一度見直してみてはいかがでしょうか。