探偵の料金が高くなる原因

探偵料金が高い原因
高額な調査料金を請求されたと、依頼をした後になって料金の支払いで調査をおこなった探偵事務所とトラブルになるというケースが頻繁に発生しています。
そもそも、調査料金は何故高いのか?
そして、調査を行った後になって何故料金が値上げされることになるのか?または、追加料金が発生してしまうのか?
依頼者にとっては不思議に思ってしまうことだらけだと思います。
そこで、簡単に調査料金が何故高くなるのか、その原因について解説をしたいと思います。
料金が高くなる原因その@
・調査中の移動で交通機関、または車などの移動、高速道路の使用でその他の料金が発生した。
料金が高くなる原因そのA
・調査内容が満足出来なくて、契約した調査時間を延長して調査を続行してもらった。
料金が高くなる原因そのB
・契約内容の不備、または調査をおこなった業者が故意に料金を高くしている。
調査料金が後で高くなってしまう理由としては以上の3点があると考えられます。
それぞれの原因を見ると、@とAでは、依頼人にとって調査を続けるために仕方がない出費として理解することは出来ます。
また、こういった追加料金に関する取り決めは、契約を行う段階で調査会社側が必ず説明をする義務があるので、もしも説明をおこなっていないとしたら、調査会社側の不備です。
そして、原因のBでは、故意に調査を遅延させて追加料金を請求したり、諸経費と言って、まったく関係のない料金を支払わせたりする、悪質な業者である可能性です。
こういった原因Bのような業者は、現在は少なくはなってきていますが、それでも年に数件の相談が消費者センターや調査業協会に寄せられているという話です。
料金が高くなる場合、そして追加料金が発生する場合など、契約の前に必ず確認を行う必要があり、また返金のルールについても必ず確認するようにしてください。